クレジットカードの支払い期限を把握しておくこと

カード会社にクレジットカードの利用金額を請求された時は、きちんと支払うことが大事です。支払い期限に払うことができないと、延滞したことになり、今まで積み上げきた信用が落ちてしまいます。クレジットカード会社は、支払期日に口座に請求金額が入っていないと、督促の電話をかけます。連絡をもらうまで何もしないでいると、たとえ連絡後に支払いを済ませたとしても、信用は著しく低下します。相手側から連絡が来るのを待つのではなくて、支払いが滞りそうな時は自分から金融会社に連絡をして、事情を話すといいでしょう。相手側からのこちらの評価は、自分のほうから連絡をしてきて、不足分の支払いについて釈明があるほうが、まだ幾分マシです。クレジットカード会社によっては、延滞時にどういった対応をするかで、その後の融資条件の見直しに影響が出ることがあります。数日程度の遅れで、確信犯的に返済を放棄しているという事情でもない限り、クレジットカード会社は多めに見てくれることが多いようです。クレジットカード会社は、意図的に返済を遅らせて、連絡もしないでその場を切り抜けようとする客には、以後融資は行いません。滞納が悪質なものと認められた場合は、現時点で残っているクレジットカードの支払いを、すぐに支払うように請求されることもあります。引き落とし用の口座に、常に一定額のお金を入れて置いたり、月々のカードの利用金額をチェックするなどして、支払いを滞らせないようにすることです。信用情報会社に、クレジットカードの返済を滞らせたという記録が残ってしまうと、今後新しく融資を受けたい時などら審査の段階で断られてしまう可能性がありますので要注意です。